バスカビル家の犬 BBCのシャーロックホームズシリーズ [小説 (novel)]

これまで短編を中心に、BBCドラマ版(Dramatized)のシャーロックホームズシリーズを紹介してきましたが、長編のドラマ版ももちろんあり、楽しく聞きがいたっぷりです。

今回は、長編の中でも魔犬の推理小説の代表格ともいえる、かの有名な "バスカビル家の犬(The Hound of the Baskervilles)" を聞いてみましょう!

BBCドラマ版のシャーロックホームズシリーズは、単にオリジナルのテキストを読み上げているのではなく、秀逸な背景音・効果音や登場人物ごとに(本当に適切な)割り当てられたキャストなど、英語オーディオブックの中でも群を抜いてクオリティの高いオーディオブックです。
ホームズ役の Clive Merrison は、これぞホームズ! というホームズっぷりを発揮しています。
英語はBritish Englishなので、好きな人にはたまらないはずです。


あらすじ
ストーリーは、古くから魔犬の伝えのあるバスカビル家の当主、チャールズが亡くなっているところから始まります。
死因は心臓発作と発表されたのですが、遺体の周囲に巨大な犬のものと思われる足跡が見つかっていました。
しかし舞台となるダートムアは近隣の人々も少なく、犬が存在するのかどうかもわからない。。

そこへヘンリー卿がバスカビル家の跡継ぎとして戻っくるのですが、そのヘンリーにも魔犬をほのめかす脅迫状が届きます。
そこでホームズ、ワトソンの出番となります。

何か事情ありげな執事のバリモア、昆虫学者のステープルトンとその妹(実は妹ではないことが後でわかります)、脱獄囚など、怪しげな関係の中で進む捜査。
本当に魔犬はいるのか、調査を経てホームズはその存在を確信します。
そしてある日、ホームズはヘンリーをあえて夜道を一人で歩かせ、ついにヘンリーに襲い掛かる、闇夜に不気味に光る犬をとらえます。

これは本当に犬なのか、なぜ光を放つのか、ヘンリーは助かるのか!?
息をつかせぬラストが待っています。


≫まだまだあります!シャーロックホームズ シリーズ≪
他にもBBCのドラマ版 英語オーディオブックは多数リリースされています。
短編も長編も負けず劣らず楽しく聞けますので、チャレンジしてみてください!

シャーロックホームズ 最後の事件(The Final Problem) 英語オーディオブック
シャーロックホームズ 赤毛連盟 英語オーディオブック
シャーロックホームズ ライオンのたてがみ(Lion's Mane) 英語オーディオブック



ふと始めた日がきっかけで英語力がグンと伸びる人は意外と多いものです。audibleではオーディオブック1本無料キャンペーンも実施しているので、さっそく始めたい方は↓↓↓の買い方ガイドをご利用くださいね!
≫Audibleの買い方ガイド≪
@Audible オーディオブックの買い方・使い方ガイド
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。