iPodとaudibleのいい関係 ブログトップ
前の3件 | -

iPhone/iPod Touch とaudibleオーディオブックの関係がさらにアップ④ [iPodとaudibleのいい関係]

iPhone/iPod Touch とaudibleオーディオブックの関係がさらにアップ第4弾です。

今回は、オーディオブックの再生スピード調節の紹介です。

以前もスピード調節はできたのですが、General 設定で、つまりいちいち一般設定画面に行って、メニューを選んで変更する必要がありました。
なので、一部分だけ速く聞いたり遅く聞いたり、ということはできなかったわけです。

ですがiPhone OS 3.0 からは、オーディオブック再生で直接ワンタッチで速度調整ができるようになりました。
下の画面だと、右側の 1X とかかれたところです。
これをタッチすると、1倍(等倍速)、2倍速、1/2倍速をすぐに切り替えられます。
iPod30secRewind.png

私は特に聞くのが2度目以降のオーディオブックなどで、わかりきっている部分を流し聞きしたいときに、2倍速を使っています。
で、その部分がすぎたら1倍速に戻す。
便利です。

シリーズでお送りしていますが、iPhone OS3.0 はオーディオブックリスナーにやさしい便利機能が盛りだくさんですので、体験してみてください。





iPhone/iPod Touch とaudibleオーディオブックの関係がさらにアップ③ [iPodとaudibleのいい関係]

さて、今日はiPhone/iPod touch とaudibleオーディオブックのいい関係の続きです。
一つ前の"いい関係"の記事は9月20日ですので、そちらもみてくださいね。

iPhone OS 3.0 からの、二つ目の便利機能は、30秒巻き戻しがワンタッチでできるようになったことです。

何に使えるかと言うと、「あれ、今の何ていった?」という時の"ちょっとした" 巻き戻しに便利なのです。

通勤なんかでaudibleの英語オーディオブックを聞いていると、線路がキィーンとなって聞き逃した、とか、2度聞かないと聞き取れない単語とか、そういうのがけっこうあります。
そういうとき、スライダーを使ったり巻き戻しボタンだったりすると思うように巻き戻しできなかったり、それ以上になんといっても面倒くさいので、「まあいいや」となってしまいがちです。
それで結局話の筋がわからなくなってしまう、なんてことはよくあります。

30秒巻き戻しを使ってみると、こういうもったいないケースが防げます。
個人的には15秒巻き戻しも欲しいくらいです。


実際の画面はこんな感じで、30 が○で囲まれていますね。
これを押すと、30秒巻き戻しができます。
iPod30secRewind.png

オーディオブックは、なんといっても iPod Touch/iPhone が便利です。
私は初代のiPod Touch を使っているのですが、iPhone も欲しくなりました。
ネットも携帯みたいにできるといいですもんねー。




iPhone/iPod Touch とオーディオブックの関係がさらにアップ② [iPodとaudibleのいい関係]

iPhone/iPod touch とaudibleオーディオブックのいい関係、昨日の続きです。

iPhone OS 3.0 からの、一つ目の便利機能は、巻き戻し・早送りの速度が微調整できるようになったこと。
オーディオブックは1チャプターが長いものでは1時間以上普通にあります。
何分か前に戻りたい時など、巻き戻しボタンでは巻き戻しに時間がかかりすぎる場合、スライダーを指でなぞって巻き戻しますが、1チャプターが長いオーディオブックの場合、少し指を動かすだけでも5分10分平気で巻き戻されてしまうため、自分の聞きたい場所に戻すのは、かなり至難の業でした。

それがこの新しいOSでは、巻き戻し。早送りの速度を微調整できるようになりました(本当に便利)。
一旦スライダーに指をおいてから下に指をずらしていくと、下にずらせばずらすほど巻き戻し・早送り速度をゆっくりにできます。
なので、たくさん巻き戻したいときには以前と同じようにスライダー上で指を動かす、少しゆっくりめに巻き戻したいときはスライダーから指を少し下に動かしてから巻き戻す、ピンポイントでゆっくり巻き戻したいときには指を思いっきり下にさげて巻き戻す、という便利な使い方ができるようになりました。

実際の画面はこんな感じです。
iPod_scrub_speed.png

言葉で書くと難しそうですが、やってみるとすぐに覚えられます。
そして、オーディオブックリスナーに大きな恩恵をもたらしてくれる機能です。
3.0より前を使っている方は、是非ともアップグレードをオススメします。

その他2つの機能も順番に紹介していきますので、お楽しみに!

 
 
 


前の3件 | - iPodとaudibleのいい関係 ブログトップ