アカウント (会員・メンバー) の詳細解説 [ガイド集 (guides)]

まずは購入方法をおさえる

audible.comのアカウント(会員、メンバーと同義)が何かを知るために、まずaudibleでの英語のオーディオブックの購入方法をおさえておく必要があります。 

英語のオーディオブックをaudible.comで購入するには、大きくわけて2通りの方法があります。
①クレジット(audibleのコインのようなもの)を使って買う
②個別のオーディオブックをそれぞれの単価で買う

英語オーディオブックにはそれぞれ単価が設定されています。
②の場合、その単価通りの値段を支払って購入することになります。
「1本だけほしい」 という場合にはこの方法でもよいかと思います。 


ただ、おすすめは圧倒的に①です!
なぜかというと、毎月(激安の)定額を払うことでもらえるクレジットでは、単価に関係なくオーディオブックを購入することができるからです。
また毎日NYT(NewYork Times)かWSJ(Wall Street Journal) の最新版オーディオブックを無料でダウンロードできる特典もついてきます。
さらに、追加で個別にオーディオブックを購入したいという場合にも、一律の割引価格で購入することができます。
そしてこのクレジットをもらったり特典を受けるためにすることが、audibleのメンバーになる(=アカウントを持つ)ことです。


≫audibleのアカウント、メンバー(会員)とは?≪
購入方法を理解したところで、用語をおさえておきます。

・audibleのメンバー
毎月定額を支払って1クレジットか2クレジットをもらう会員になること
・audibleのアカウント
メンバー(=会員)になると発行される、あなただけのaudibleユーザ(私の場合は"greeng"など)のことで、iTunesとの連携にも使用します

となります。
audibleの"メンバー"には、ひと月に1クレジットをもらう"gold" メンバーと、ひと月に2クレジットをもらう "Platinum" メンバーの2つの種類があります。

特別に高価なものを除き、ほとんどの英語オーディオブックは1クレジットで購入することができます
クレジットは定額を払うだけでもらえますので、オーディオブックの値段を気にすることが無いのが利点です。
すでに書いたように、NYTやWSJの無料購読やオーディオブックのメンバー特別割引などの特典も受けることができます。


audibleの"アカウント"を使うと、audibleサイトに"Sign in" すると自分だけの "My Library" ページを持つことができます。
"My Library" には購入した自分のオーディオブックすべてが表示され、何度でもダウンロードすることができます。

またこのアカウントはiTunesとの連携にも使用します(記事最後の参考ページを参照してください)。
iTunesと連携しておくと、audibleサイトの"My Library" からダウンロードをするだけで、自動的に英語オーディオブックがiTunesにインポートされるので、CDを取り込んだりするよりもとても楽にオーディオブックを聞くことができます。



さて、audibleの アカウント、会員、メンバー について、イメージはつきましたでしょうか。
最後に、audibleのメンバーになるとどれだけお得なのか、7つの習慣を例にみてみましょう!

・個別に買う場合
7つの習慣_regular_price.png
34.97ドル

・audibleのgoldメンバーになって1クレジットで買う場合
7つの習慣_member_price.png
1クレジット(メンバーになった当初は1クレジットは7.49ドル:大体600-700円程度)
個別に買う場合でも、メンバー価格で24.48ドル


CDを買う場合と比較しても圧倒的にお得ですね!



≫参考ページ<
@ Audible  オーディオブックの買い方・使い方ガイド
audibleとiTunesの連携方法


ふと始めた日がきっかけで英語力がグンと伸びる人は意外と多いものです。audibleではオーディオブック1本無料キャンペーンも実施しているので、さっそく始めたい方は↓↓↓の買い方ガイドをご利用くださいね!
≫Audibleの買い方ガイド≪
@Audible オーディオブックの買い方・使い方ガイド
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました