サイトの外見変更に慣れよう! [audibleの使い方]

2013年も、はや5月が迫り、ゴールデンウィークとなりました。
今年の英語の目標の進み具合はいかがですか?
なかなか進まない方は、この休みを利用して、audibleのオーディオブックを使った多聴に取り組んでみると良いと思います。

外見が変わっただけで恐るるに足らず!
さて、既にお気づきの方が多いかと思いますが、audible.comサイトの外見と構成が大きく変わっています。
ただ実際にはメニューが変更されたことが中心で、メインのコンテンツ部分はあまり変わっていませんので、メニューの変更だけしっかりとおさえて、引き続きサイトを使いこなしていきましょう!

・Listener Page
これは新しく追加されたメニューです。
昨年からListenerレビューは追加されていましたが、それが大々的になった感じですね。
Business, Classics などといったaudibleのカテゴリごとにレビューを書いているトップメンバーが並んでいて、その人の国の時々の人気オーディオブックがわかります。
個人のレビューなのでもちろん意見に差はありますが、audibleが発信しているだけではない、パワーユーザの声を直接見られるという意味でとても有意義です。

・Library
これは以前の "My Library" や "Wish List" を含むページです。
中身やナビゲーションは以前と同じなので、特にストレスを感じることはないかと思います。
ひとつ"My Pre-Orders" というのが加わり、オーディオブックがリリースされ次第お知らせしてくれる、というものが加わりましたが、個人的にはこれは使うか微妙ですね。。。
オーディオブックのリリースのタイミングは結構ランダムだったりするので。。

・Shop Audible
このメニューからオーディオブックをカテゴリ別やBest Sellerなどで探していくことができます。
以前のトップページの左側メニューにあったものがここに配置されたというイメージです。

・Member Benefits
無料のWall Street JournalかNew York Times のsubscriptionはここから行います。
新しく加わったのは "Great Listen Gurantee" で、気に入らなければオーディオブックを無償で交換します、という、audibleのかなり強気のサービスです。
実際使ったことはありませんが、もし聴いた瞬間に「これはダメだ」と思うものがあれば利用してみるのもいいかもしれません。
該当オーディオブックの購入日から1年間有効ということです。
ただ、交換の際にはアンケートとかいろいろありそうですね(体験した方教えてください)。。

・検索バー
そして最後に検索バーが左上から右上に変わったことが変化です。
"Search for a good book" という文言がなんかほほえましいですね。


さてさて、こうしてみてみると、英語サイトの外見が変更したということでヒヤリとしていた方も、実はこれまで通り使いこなせることがおわかり頂けたかと思います。
引き続き、audibleを使いこなして、英語力アップに取り組みたいですね!
私もこのGWでオーディオブックを大人買いの予定です。



ふと始めた日がきっかけで英語力がグンと伸びる人は意外と多いものです。audibleではオーディオブック1本無料キャンペーンも実施しているので、さっそく始めたい方は↓↓↓の買い方ガイドをご利用くださいね!
≫Audibleの買い方ガイド≪
@Audible オーディオブックの買い方・使い方ガイド
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました