リスニング力アップに超朗報! 聴いているオーディオブックのテキストがリアルタイムで読める Whispersync for Voice を使おう! [audibleの使い方]

今回はAmazon Kindleを使ってついに実現された、
"聴く" と "読む" を一度にできてしまう
超便利機能のご紹介です。
はっきりいって、これはリスニング力アップの "革命" です。
その名もWhispersync for Voice 。
audibleの英語オーディオブックと、amazonのe-bookのコンビネーションによって実現された機能です。

≫こんな悩みありませんか?≪
「今聴いているこのオーディオブック、何を言っているのかわからない
 テキストで "今ここを朗読してます" とわかればいいのになあ・・」

と思ったことはありませんか?

これまでaudibleの英語オーディオブックがあり、それとは別にKindleで読む電子ブックがありました。
でも両者はあくまで別々のもの。
ですが、audibleとamazon のコラボにより、両者が組み合わさり、

英語オーディオブックで聴いている場所をリアルタイムでE-bookで自動ハイライトしながら読む

というものすごいことができるようになったのです!

≫Whispersync for Voice≪
その機能の名前が、Whispersync for Voice です。

まずはaudibleがリリースしている、Whispersync for Voice の紹介ビデオを見てみましょう。
Whispersync for VoiceにはiPhoneで聴いているオーディオブックとKindleで読んでいる同じ本のe-bookをシンクロできる機能(iPhoneで聴き終わったところが自動的にKindleのe-bookに同期され、audibleで聴き終わったところの続きから読み始められる:その逆もあり)の紹介もしています。


≫自動ハイライトしながら聴く≪
そしてさらに目玉機能、 「自動ハイライトしながら聴く」 というのがどういうものか、別のビデオで見てみましょう。

最初から見るのがベストですが、4分00秒あたりからハイライト機能のデモが見られます。



いかがですか?

audibleのオーディオブックで朗読されているところが、見事にリアルタイムでe-book上でハイライトされていましたね!

これは私も英語オーディオブックを聴き始めてこのかた、あればいいなぁと思っていた夢の機能です。
「今のところ聞き取れなかった、なんて言っているんだろう」
という場所では、その疑問を解消するのはかなり時間がかかるか実質解読不能だったところが、なんとその場でわかってしまう!
これはすさまじいことです。


≫Whispersync for Voiceを始めるには≪
さて、この今までは夢でしかなかった機能、始めるには何がいるのでしょうか。

その前に、同じことを自力でやろうとすると何が必要になるかを考えてみましょう。

1. audible.comの英語オーディオブック
 これは当然必要です
2. 英語の原書
 どこを読んでいるのかを把握するためにこれも当然必要です
3. audibleのオーディオブックを聞きながら、原書で「今ここを朗読して
 いるよ」と教えてくれる外国人の友人かネイティブレベルの
 英語力を持つ友人

1と2はともかく、3は普通の方にはほぼ不可能ではないでしょうか?
もし友人がいたにしても、何時間もの間自分の都合のいい時間にあわせて一緒にオーディオブックを聴いてもらい、どこを朗読しているか教えてくれる、という人を確保するのは、事実上まず無理ですよね。
英会話教室などに通う、という手もありますが、手間も費用もいくらかかるのか、考えただけでも恐ろしくなります。
費用だけでも数十万円はかかりそうですね。。


では、Whispersync for Voiceで必要なものはなんでしょうか?audible.comのサイトからご紹介しますと・・

1. audible.comのオーディオブック
 これは当然ですね。
2. amazon で購入したe-book
 自動ハイライト機能を使うには当然e-bookが必要です
3. Kindle Fire(最新世代)、Kindle Fire HDKindle Fire HD 8.9
 いずれか
 audibleではKindle Fire HDをおすすめしているようです。


例として、デール・カーネギーの名著、「道は開ける(How to Stop Worrying and Start Living)」で見てみましょう。

1. audible.comのオーディオブック
1 credit(audibleメンバーならUSD15弱、メンバー加入最初の3ヶ月ならUSD7.49)
2. Kindleの e-book
How to Stop Worrying and Start Living はいくつかありますが、最安値100円のものがあります
3. Kindle Fire HD
Kindle Fire HDはamazonで15,800円

合計:16,700円

初期投資はかかりますが、一度購入すれば当然他のオーディオブックにも使い回しができますので、2冊目(2本目)からは、1冊あたりの投資額は1500-1600円くらいに下がる感じでしょうか。

同じことを自力でやると(おそらく実現はほぼ無理と思われますが)、オーディオブック1本当たり万単位でお金がかかると想定されます(しかもできたとしてもその場で教えてもらうだけなので、復習ができません)。
一方、Whispersync for Voiceを使えば、「好きなときに、スキマ時間などを使って」 できる、という非常に大きな利点を享受できます。
復習も思いのまま。

もう一度言いますと、これは本当に英語リスニング力アップの切り札、 「革命」 といっていいくらい、英語学習者にとって "使える" 機能です。
なかなかリスニング力がアップしないという方は、是非試してみてください!



ふと始めた日がきっかけで英語力がグンと伸びる人は意外と多いものです。audibleではオーディオブック1本無料キャンペーンも実施しているので、さっそく始めたい方は↓↓↓の買い方ガイドをご利用くださいね!
≫Audibleの買い方ガイド≪
@Audible オーディオブックの買い方・使い方ガイド
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

Hiroshi Matsumura

Whispersync for Voiceに関心が無かったので全く気にしていなかったのですが、ビデオを見てImmersion Readingを試しに使ってみました。これはすごいですね。Kindleの世界観が変わりました。

さっそく手元のKindle本とAudibleで対応しているものをチェックしていろいろと試しているところです。
by Hiroshi Matsumura (2013-05-24 12:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました