トレーニング × オーディオブックでステップアップしよう! [オーディオブック雑談]

短期集中で英語レベルを三段階上げる

ごく簡単に言うと、これが私の実践したリスニング力アップ法です。

どうしてもひとつ何かを試して挫折して、というプロセスを繰り返しがちな英語の勉強(少なくとも私はそうでした)。
"あるとき急に聞き取れる" ようになるのは事実ですが、そこに至るまでにあまりに時間がかかると、だれだって気力は萎えてしまいます。。。
また、海外在住の方も早く英語力が身につくのとつかないのとでは、生活が全く違うはずです。
ですので、"短期集中" は必須。

そして "一段階"ではなくて"三段階" レベルを上げることを目標とするのは、結果的に英語力アップの近道になるからです。
例えば今TOEIC600点の人が、3ヶ月後にTOEIC700点、6ヶ月後に800点と段階的に目指していくとすると、目標達成でも3ヶ月後にTOEIC700点ですが、最初から3ヶ月後に900点を目標にすえると、3ヶ月後に900点はとれなくても840点くらいに当然のようになってしまいます。
これは全然不思議でも偶然でもなく、"できそうなことではなくあえて難しそうなことを目指す"ようにするという、目標設定 の技術です。


ネイティブの友人にアドバイスをもらいながら
私自身は「英語オーディオブック勉強法」で短期集中で一気に力をつけましたが、さらにプラスしていくためにいろいろなトレーニングを試してきました。
他のアイデアを取り入れることで、独学の何倍も時間を節約でき、何倍も力をつけられるからです。
もちろん何でもやればいいというものではないので、ネイティブの友人(この友人は世界中の大企業で英語を教えてきた経歴があるため、そのアドバイスは非常に的を射ています:感謝)と話し合って、実際に使えるものに絞ってやってきました。


ある意味反則のトレーニング達
具体的に何が効果があったのか。ずばり書いてしまうとこの3つです。
「リスニングパワー」 (当然短期集中のトレーニングです)。
英語オーディオブック勉強法
英文法イメージトレーニング

この3つを組み合わせれば、まずリスニングで悩むことはなくなると思います。
流れとしては、"リスニングパワー"であなたのリスニング力のレベルを30日で一気に引き上げ、"英語オーディオブック勉強法" でその力を90日で定着させ、英文法イメージトレーニングで "理論ではなくイメージで" 文法を理解することで 「文法がわからなくて聞き取れない」ところまでカバーしてしまうというものです。

- リスニングパワー
最初は眉ツバかと思いましたが、考え方がそのネイティブの友人と共通していて、ひょっとしてと思ったところ当たりでした。
日本語で聞き慣れない英語の周波数をバックグラウンドで流すという普通には作れないコンテンツを科学的に開発しているので、当然のようにリスニング力がつくようになります。

実はたいていの日本人はリスニングの基礎能力はあるのですが、みんな同じところが聞き取れないがために1センテンスまるごと聞き取れない、という状況におちいっていることがほとんどです。
このトレーニングは、日本人がリスニングでつまずきやすい点だけをダイレクトに取り出して解決していて、パズルで言えば最後に残っていた1ピースをパチッとはめてくれるので、短期で効果が出る仕組みなのだと思います。

私自身は英語力がついてからこのトレーニングに出会ったので、正確に「30日で英語耳になる」ことができるのか(このトレーニングの目標になっています)実証はできませんが、リスニングに力を入れて勉強してきた方なら30日という数字は現実的だと思います。
少なくともTOEICのリスニングパートが遅く感じるようになるはずです(これは結構快感です)。

大きな努力無しで自動的に英語力をつけることはある意味「反則」ですが(とはいえ既に書いたような仕組みなので不思議ではありません)、子供の頃から英語をやってきたわけではない私たちは、逆に発想を転換して反則してしまうことで、近道をすべきだと思います(でないとどれだけ時間があっても足りませんよね・・)。



- 英語オーディオブック勉強法
詳細は英語オーディオブック勉強法の詳細ページに譲りますが、この勉強法ではリスニング力を一時的なものではなく一生ものにするための方法を具体的に解説しています。


- 英文法イメージトレーニング
以前は英文法マラソンという名称だった、アルクの人気講座です。
ヒアリングマラソンほど名前は知られていませんが、会社単位で受講を推奨しているところもあるほど効果のある講座です。

基本文法を網羅しているという点では教科書的なものですが、教科書とは全く指導の仕方が違います。
比べるなら、「政策金利とはなにか?」 について、教科書で読むのと、池上彰さんの"学べるニュース" で学ぶのと同じくらいの違いです。
池上さんの学べるニュースは全然わかりやすさも理解の早さも違いますが、このイメージトレーニングは、その名のとおり絵を多用しているので(詳細ページに例があります)頭に入りやすく、英語版の"学べるニュース" に匹敵するくらいのわかりやすさ。
日本人のひっかかりやすいところを徹底して研究しているから、こんなに正確に指導できるのですね。
文法で"反則"をするなら文句なくこのトレーニングです。


短期集中で三段階!
とにかく私が思うのは、
短期集中で一旦英語力を上げてしまうのがカギ
だということです。

自転車に乗るのは、一度乗れるようになれば、まず一生乗れますよね。
英語も自転車と一緒です。
一度わかるようになってしまえば、基本的に一生ものです。
あとは「ブリティッシュイングリッシュを聞き取れるようになろう」とか、「ビジネスで使える英語を身に着けよう」など、好きな時に好きな力を選んで伸ばすだけです。
ちなみに私が今取り組んでいるのは、「インドなまりに対応すること」ですが、"早口の"インド英語でももう対応できるようになりました。
同じように、あなたも好きなテーマで楽しく英語を伸ばすことができます

英語は一段階できるようになってしまえば、その先は相手が合わせてくれるので、心配はいりません。
単純計算でコミュニケーションをできる人が何十倍にもなりますから、本当に世界が広がって楽しくなります。

あなたも今日をきっかけに英語に集中投資して、
世界を広げてくださいね!


ふと始めた日がきっかけで英語力がグンと伸びる人は意外と多いものです。audibleではオーディオブック1本無料キャンペーンも実施しているので、さっそく始めたい方は↓↓↓の買い方ガイドをご利用くださいね!
≫Audibleの買い方ガイド≪
@Audible オーディオブックの買い方・使い方ガイド
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました