シャドーイングも英語オーディオブック(audiobook)で [オーディオブック 私の活用法]

英語オーディオブック(audiobook)の活用法紹介。
今回はシャドーイングです。

"シャドーイング" は、特にスピーキング力を高めるのに効果的な(実際にはリスニング力も上がりますし語彙も増えるので、一石三鳥な)英語の学習法です。
そしてこのブログで紹介している英語オーディオブック(audiobook)は、実はシャドーイングに最適の教材として活用できます。
シャドーイングと英語オーディオブックを組み合わせると、"お金をかけず効果的にスピーキング & リスニング力を伸ばす" という夢のような英語学習ができてしまうんです。
まずは、英語オーディオブックとシャドーイングについて、おさらいをしてみましょう。


英語オーディオブック(audiobook)とは?
"英語オーディオブック(audiobook)" は、英語の本を朗読したものです。
オーディオブックは単なる朗読以上のもので、「確実に聞き取れること」が前提とされている上に、登場人物ごとに違う役者さんがナレーションをしてくれて背景音まで入っているようなものもあり(一人のナレーターがすべての登場人物をこなしている場合も声音やトーンを変えていてくれるのでとてもわかりやすい)、聞き取れないところでもある程度あたりがつけられるという優れものです。

このブログで紹介しているaudible.comというサイトではその英語オーディオブックを85000タイトル以上ダウンロードできるので、私たち日本人が聞きたいと思うタイトルはまず手に入れられます。
アマゾンなどでCDを買うと比べても、圧倒的に破格なので(価格は統一されていて1本700円未満)、自分にあったものが見つかるまで試せるのも利点です。
もう少し詳しく知りたい人は、英語オーディオブック(audiobook)とは? と、audibleとは? の記事にも目を通してみてください。


シャドーイング
オーディオブックを使ったシャドーイングはいたって簡単です。
自分の好きなオーディオブックを選んで、それを聞きながら
(英語は止めずに流しっぱなし)、今まさに聞いた言葉を
そのまま口に出していく。
口に出すのは、聞いたらすぐ、つまり1文終わってから
思い出しながら口に出すのではなく、聞いた次の瞬間です。
これが基本的なやり方です。
時々電車で口パクしている人もみかけますね、きっと半分は
シャドーイングです ^^)


オーディオブックのシャドーイングが効果的な理由
英語オーディオブックでシャドーイングをすると効果が出る理由は大きく3つです。
①好きなオーディオブックばっかり聞ける
②絶対量を聞ける
③いろいろな発音(英語の教科書的な発音だけでなく)が聞ける


個人的には、①の理由が一番大きいと思います。
なぜかというと、英語学習で一番の障害、"モチベーションがキープできない" という問題があっさりクリアできるからです。
例えばゴルフに全く興味の無い人が、英語教材でゴルファーの自伝を延々とシャドーイングできるかというと、無理ですよね。
でもゴルフ大好きな人だと、「この人のいうことならなんとしても聞き取ろう」という気になります。
何かしらの勉強に取り組んだことがあれば、このことはピンとくるはずです。

②の理由も大きい!
脳科学者の 茂木 健一郎 さんは、「脳を活かす仕事術」という
本の中で、"英語のシャワーを浴びる"のが、脳のメカニズム的にも はっきりとした英語上達法だと書いています。
脳科学的に証明されているわけですから、使わない手はない! ^^)

③は聞いてみるとすぐにわかると思います。
英語圏の人だって私たち日本人と同じ、いろいろな話し方をする人がいます。
実際誰かと会話をするときに、あらかじめいろんな話し方に慣れているのはとっても有利です。


さっそくシャドーイングをやってみよう
じゃ、具体的にはどうやってシャドーイングすればいいんでしょうか。

例えば私が実際にやっているのはこんな感じ

"..she was wearing dark clothes and she could run fast.
And she and Pan, with witch like power of seperation,had
managed to mislead pursuers..."

*ライラの冒険"シリーズ4作目 "Lyra's Oxford"の抜粋
(紹介記事はこちら)


という文があると、"she was" くらいまで聞いたら、次の
"wearing"は耳で聞きながら"she"の発音をはじめている、
という感じです。
もちろん全部発音しきれるわけではありませんが、気にせず 先に進むのがポイントです。
聞き取れない部分を取り出してひたすら繰り返し聞く、
という手段もありますが、まずは先に進んでしまって、そのオーディオブック自体を
二度、三度と聞き返すやり方をおすすめします。
これはブログで何度も紹介した、フォトリーディングと同じような 仕組みです(フォトリーディングは脳科学的に研究された速読方法です)。

なぜかというと、一度聞いてしまうことによって
「ここは一度聞いたな」 という、"なじみ感" が出るからです。
人間関係に例えると、初対面の人を一度で覚えようとしても、
次の日には結構忘れてしまいますが、最初は挨拶程度でも二度三度と
会えば覚えてしまいませんか?
それと同じです。

そして何度も聞いていれば、一度ではわからなかったところでも
ある程度聞き取れてくるので、「いつもよくわからない」という ポイントを絞り込んでいくことができます
そこまできたら、そのポイントを集中して調べてください。
一度で聞き取れないところを調べてあっちこっちいくより圧倒的に効率的です。


いかがですか?
論より証拠、まずは1本オーディオブックをダウンロードしてシャドーイングして感じをつかんでみてください。
脳科学的なことが最近解明されてきているので、
こういう効率的な勉強法ができて、私達はほんとにラッキーですね^^)


英語オーディオブック(audiobook)のダウンロード方法
最後に、audibleでの英語オーディオブックの買い方の紹介です。
買い方や料金は、
@ audible オーディオブックの買い方ガイド 
にすべてまとめてあります。
こちらを見ていただくと、10分もあれば英語オーディオブックを聞き始めることができますので、活用してください。
どのオーディオブックを聞けばよいかわからない方は、
初心者おすすめオーディオブック 
からピックアップして、とにかく1本聞いてみてください。
きっとシャドーイングだけでなく、他にも活用法が見つかりますよ!
 

一歩上の英語の世界であなたとお会いできるのを楽しみにしています!


ふと始めた日がきっかけで英語力がグンと伸びる人は意外と多いものです。audibleではオーディオブック1本無料キャンペーンも実施しているので、さっそく始めたい方は↓↓↓の買い方ガイドをご利用くださいね!
≫Audibleの買い方ガイド≪
@Audible オーディオブックの買い方・使い方ガイド
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。