スタジオジブリ映画の原作をaudible.comの英語のオーディオブックで聞こう! [ファンタジー (fantasy)]

2014年は 「思い出のマーニー」 が公開されたスタジオジブリ。
私はあまり興味がなかったのですが、ふと空いた時間に観てきたところ、
「アニメでここまでできるのか!」
と感動してしまいました。

興行収入がジブリにしてはいまいちということのようですが、個人的には本当に素敵な映画だと思いました。


さて、スタジオジブリはこれまで多数の映画を作成していますが、その原作が海外の小説であるものがいくつもあります。
ということは、どういうことでしょうか?


そうです、audible.comでも、その原作の英語オーディオブックがあるんですね!!
宮崎駿さんはじめ、スタジオジブリの方は海外の作品にも造詣が深いんですねー。

そこで、今回お届けしていくのは
「スタジオジブリ映画の原作をaudibleで聞く!」
というテーマです。


ちなみにスタジオジブリ映画の原作をaudibleの英語オーディオブックで聞くというのは英語力アップ、特にリスニングに大いにプラスになります。
どうしてかちょっと考えてみてください。

・・・・・・

・・・・・・

どうでしょうか?
思い当たることはありましたでしょうか。


これは管理人greengなりの応えですが、なぜかというと、映画は当然ながら映像と音声が組み合わさったものです。
そして既にストーリーの全体像を把握しているので、映像からも音声からも想像を働かせて鮮明に思い出すことができます
そのイメージを、基本的には「聞く」だけである、audibleに応用することができるからです。


そしてこの「鮮明に思い出せる」 というのがとても大事です。
はりきって聞き始めても、全く知らないものはかなり聞き取ることは難しいはずです。

ですが、ストーリーだけでなく、映像、音声からも思い起こすことのできる「アニメ」を思い浮かべながらaudibleを聞くことができれば、耳で聞いただけでは聞き取れないところを、記憶にある映像や音声が「補完」してくれます。
おそらく脳の仕組みとしても、映画で「見る」こととaudibleで「聞く」ことの補完関係は、単に1 + 1ではなく、3とか4くらいの効果が出るもののはずです。


そのため、実際には聞き取れている範囲は少なくても
"ある程度わかる"
という状態になることができるのです。

そしてこの「ある程度わかる」という感じをaudibleで続けていくうちに、それがホンモノになってしまうのです!!
「ほんとに?」と思ってしまうかもしれませんが、これはaudibleを使うにせよ使わないにせよ、英語が上達した人はほとんどすべての方が経験していることだと思います。


この、映画で観る → audible.comの英語オーディオブックを聞く

という流れは、英語力アップに極めて有効ですので、是非活用してみてください。



では、ここからスタジオジブリの原作を1つずつみてみましょう!!
それぞれの映画について、日本語名称と原作のタイトルを書いていますので、それぞれの原作タイトルをaudible.comの検索窓(audibleのサイトの右上にあります)からコピペで検索してください。
購入方法については、当ブログ記事「audible 英語オーディオブックの買い方ガイド」をご参照くださいね!


≫借りぐらしのアリエッティ≪

原作タイトル:The Borrowers

2010年にスタジオジブリから映画化された1本です。

"Borrower" という語にあるように、直訳すると「借りる人達」 ですね。
ご存じのように、小人が普通の人間(私たち)の家の床下に住み、その家から生活に必要なものを少しずつ「借り」て暮らしている、という風景です。
原作の小説自体がとても有名で人気のある児童文学です。


audible.comでは「audible Kids」 として位置づけられていますが、大人でも十分楽しめる物語になっています。
古き良き西洋の生活も垣間見えるので、そういった意味でも楽しめるようになっています。
しっかりとした女性のナレーションで、英語初心者の方でも取り組める1本になっています。
audibleにあるもののなかでもかなり以前からあるもので、多くのネイティブに親しまれています。


≫思い出のマーニー≪

原作タイトル: When Marnie Was There

このオーディオブックは、あと4ヶ月ほどでaudible.comでもリリースされる予定ですので今はちょっとお預け!
ですが、原作の小説はアマゾンなどで手に入ります。

私は某東京の書店の洋書コーナーで買いました。
思い出のマーニーも児童文学としてとても有名で、さらには
「日本でアニメ化されます!新装して再度発売!」
というコメント付きで、海外でもジブリ発の人気ということで、逆輸入のような形にもなっています。
スタジオジブリの影響力、おそるべし、ですね。

ストーリーはここで書いてしまうとネタバレになりますので、英語力アップを目指しているあなたも、是非映画を観て、洋書で読んでみてください!
ちなみにaudibleでは1月にリリースです。


≫ゲド戦記≪

原作タイトル:The Farthest Shore

原作は実はシリーズものになっており、下記のように複数タイトルがあります。
audibleでも複数タイトルが出されています。
「影との戦い」A Wizard of Earthsea
「こわれた腕環」The Tombs of Atuan
「さいはての島へ」The Farthest Shore
「帰還 -ゲド戦記最後の書-」Tehanu, The Last Book of Earthsea
「アースシーの風」The Other Wind
「ゲド戦記外伝」Tales from Earthsea

このうちの、The Farthest Shore が原作となっています。
8時間と結構長いオーディオブックですが、ファンタジーの世界にどっぷりと浸りたい方にはおすすめです。
「日本人の考えるファンタジーとの違い」 もポイントです。
ちなみにaudibleにあるファンタジーは短いものから長いものは数十時間というものまであり、スキルや好みに応じていろいろと聞き分けることができるのでおすすめです。

それぞれaudible.comの検索窓でタイトルを入れるとすぐにヒットしますので、お試しあれ!



≫ハウルの動く城≪

原作タイトル: Howl's Moving Castle

こちらはaudible.comにしっかりとリリースされています。
が、版権のため、日本からは購入することができません。。

でも裏技として、iTunesからStoreの国を切り替えて購入する方法ができるかもしれません!

今のところは原作ペーパーバック、Kindleで楽しみましょう!



ということで紹介してきましたが、いかがでしたか?
全部ではなく好きなものを1つだけでも良いので、行き詰まっている方は、audibleのスタジオジブリ映画原作の魅力と、耳で聞いただけでは聞き取れないところを、その記憶にある映画の映像や音声が「補完」してくれる効果を利用して、是非英語力を一段階アップしてくださいね!!

 
P.S.
管理人のgreengはアウトドア派です。
寒い季節にも、いや寒い季節にこそ、アウトドアは楽しみたいですね!
時々書いていますが、私はモンテイン(MONTANE)というブランドのアイテムを愛用しています。
モンテインは毎年新しい商品を出して、デザインもとても格好いいので、冬アウトドア好きの方は、是非モンテインをチェックしてくださいね!
ちなみにモンテインはイギリスの山岳救助隊にも商品を供給しているという、信頼性も抜群なので、その観点でもおすすめです。


ふと始めた日がきっかけで英語力がグンと伸びる人は意外と多いものです。audibleではオーディオブック1本無料キャンペーンも実施しているので、さっそく始めたい方は↓↓↓の買い方ガイドをご利用くださいね!
≫Audibleの買い方ガイド≪
@Audible オーディオブックの買い方・使い方ガイド
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました