シャーロック・ホームズ - 赤毛連盟 英語オーディオブック [小説 (novel)]

今回はaudible.comでも指折りの楽しい1本をご紹介。

私のお気に入りのBBCドラマ版、シャーロック・ホームズシリーズから、
赤毛連盟です。
ストーリーとしても殺人はなく、質屋店主の頭髪が赤毛という特徴をいかした犯罪の手口も、ホームズの推理も面白い!
ホームズのドラマ版オーディオブックで一番のおすすめは右側メニューののランキングに入れてある"最後の事件(The final problem)" ですが、赤毛連盟はその次を争うおすすめ度です。


内容を理解するのに知っておいたほうが入りやすいので、ストーリーを少しだけ書きましょう(詳しくは聞いてのお楽しみ)。


     ********************************
お話は、当時ホームズと別居していたワトスンが、久々にベーカー街のホームズを訪ねるところから始まります。
そこには質屋の店主、ウィルスンが、ちょうど捜査の依頼にきていたところでした。

なんでも聞いてみると、最近「赤毛連盟」なる組織に加入し、辞典の内容を書き写すというちょい仕事で毎週4ポンドを稼いでいたのだが、その日の朝突然「解散」されてしまったため、憤ってホームズに調査を依頼に来たとのこと。
連盟の「ダンカン・ロス」なる人物も行方不明で、何の連絡も取れず、怒り心頭に発したという状態でした。


全く意味不明のため、最初ホームズは大笑いしますが、背後に何かあるとにらんだホームズは、詳しい話をウィルスンにたずね始めます。
最近なにかかわったことはないか?
なになに、新しい店員を、普通の半分の賃金でやとったと
それはどういう人相の男か?
なるほど・・

新しい店員の名前は、「ヴィンセント・スポールディング」。
そして数週間前に彼が新聞記事で見つけた広告にさそわれて、ウィルスンは赤毛連盟に加入したとのこと。
安い賃金で優秀な店員が来たことといい、そのタイミングで赤毛連盟なる意味不明な組織にウィルスンが加入し、昼間店番をヴィンセントに任せることになったことといい、なにかがある。


そうにらんだホームズは、さっそくヴィンセントの様子をうかがいに、ウィルスンの店へ。
そして彼のズボンのひざを観察・・
そのヒザは深い意味を持っていました。

実際に、背後には大きなたくらみがあるのでした・・・が、この先は聞いてのお楽しみ。


        ********************************

さて、上の内容からわかるように、赤毛連盟と大きな犯罪がどう結びつくのか、理解できませんよね?
種明かしは、ホームズに直接お願いしてみましょう


ドラマ版はキャストも登場人物ごとに違いますし、背景音もしっかり入っています。
この1本も、テレビドラマを見ている感覚で楽しめます。

Audible.comでは、「The Adventures of Sherlock Holmes: Volume1 (Dramatised)」で検索してください。
赤毛連盟を含む、以下4本の短編が収録されています。

"A Scandal in Bohemia"   ボヘミアの醜聞
"The Red-Headed League"  赤毛連盟
"A Case of Identity"  消えた花婿
"The Boscombe Valley Mystery"  ボスコム渓谷の惨劇

まずは赤毛連盟からスタート、続いて残りの3本を聞いてください。
あなたも ホームズ ワールドにはまること、間違いなしですよ!

 


ふと始めた日がきっかけで英語力がグンと伸びる人は意外と多いものです。audibleではオーディオブック1本無料キャンペーンも実施しているので、さっそく始めたい方は↓↓↓の買い方ガイドをご利用くださいね!
≫Audibleの買い方ガイド≪
@Audible オーディオブックの買い方・使い方ガイド
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました