ライラの冒険シリーズ 続編 神秘の短剣 His Dark Materials book2: The Subtle Knife [ファンタジー (fantasy)]

"ライラの冒険"シリーズの続編 神秘の短剣 "The Subtle Knife"

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」の映画版が、DVDで発売されましたね。
原作から考えると映画は少し物足りないですが、それでもよく映像にしたなとつくづく感心します。

そして今回は"ライラの冒険"シリーズの続編、「ライラの冒険 "神秘の短剣"The Subtle Knife のaudibleオーディオブックレビューです。

続編では、なんとライラは黄金の羅針盤(Golden Compass) を盗まれてしまうのです!
どうする、ライラ!

このシリーズは、このBook2 からが面白い!
黄金の羅針盤で終わりにせず、是非Book2, Book3 もトライしてください。

ちなみに、"ライラの冒険"シリーズの原題は、"His Dark Materials" で、His Dark Materials は Book 1- 3 の3冊で構成されています。
 His Dark Materials
  book 1 "The Golden Compass" <<黄金の羅針盤です
  book 2 "The Subtle Knife"     <<今回紹介する続編です
  book3 "The Amber Spyglass"

が、この後に実はもうひとつ、秘密の続きがあるのです
それはおいおい紹介しますので、お楽しみに!


<オーディオブックタイトル>
The Subtle Knife: His Dark Materials, Book 2

<難易度>
中級       でも初級の人も楽しめます!
カテゴリー    ファンタジー
オーディオブック再生時間 9時間02分

<おすすめ度>
☆☆☆☆☆ (☆1つから5つでランク付け)

<オーディオブック入手先>
Audible



<評価>
オーディオブックは前作同様 イギリス英語 です(著者はイギリス人)。
ナレーターを含めて登場する20人近くのキャストは別々の声優が担当しています。


一度にこんなにたくさんの人たちのイギリス英語を、しかも9時間も(全3作をきけば数十時間!) 聞きつづけることはなかなかできませんから、イギリス英語の勉強にもおいしいオーディオブックです。


ナレーターは前作に引き続き、著者のPhilip Pullman 本人です。
さすが著者だけあって、緊張の場面では緊迫感あふれるナレーションなど、場面ごとに非常にうまいナレーションで雰囲気を伝えてくれるため、物語にグイグイと引き込まれることは間違いありません。

オーディオブックの再生時間は9時間2分でそこそこの長さですが、どんどん次を聞きたいと思ってしまうでしょう。


また、次々と登場するそれぞれの声優も非常に上手ですね。
映画になったらこうなるんだろうなぁと、情景をイメージできてしまうほどの腕前です。
映画から「ライラの冒険」シリーズにデビューした方も、オーディオブックを映画の続きとして楽しめます。


前作で、ロジャーの犠牲の元にアズリエル卿(Lord Asriel)がひらいた異世界への入り口(the great openingと表現されています)に足を踏み入れたライラが、果たしてどこに行ったのか。

の前に、Book2 は、Will という少年のはなしから始まります。

彼は母親と2人で私たちと同じこの世界の、イギリスOxford に住んでいます。
ある日、何故か彼らを追跡してくる人達から逃げる際にそのうちの一人を殺してしまい、逃走中に空中に 窓 のようなものを見つけます。
窓をくぐるとそこは異世界、というわけです。


ライラもその世界にたどり着いており、そこで2人は出会います。
出会うだけではなんということもないはずなのですが、ライラがGolden Compass に確認したところ、彼女の使命はWillの父親を探す手伝いをすること、と出てくるのです。
そこから彼ら2人はいろいろな事件に巻き込まれながら、一緒に旅をしていくこととなります。


ライラは Dust について探るため、WillのOxford にいき、Maryという女性の教授と出会います。
この人はDark Matter を研究していて、これがDustと同じものだとわかり、この教授と一緒に問題解決、かと思いきや、なぜかライラとWill を知る者たちにつけねらわれ、なんとライラはGolden Compass を盗まれてしまうのです。

Golden Compassを取り戻すため、盗んだ人物に会いにいった2人は、あるものを彼らのたどり着いた異世界からもってくることと交換でCompassを返す、という条件をつきつけられ、それをのみます。
そのもの、というのが、The subtle knife なのです。


The Subtle knife とは一体何なのか。
元は別々の世界から異世界への入り口をくぐったライラとWill がどうして数ある異世界のうちのひとつで出会ったのか、全て(無数にあるパラレルワールド)の世界に発生している異変の原因は何なのか。。
すべてのカギをこのナイフが握っています。


Book2 からは、話が大きく展開し、魔女だけでなく、Angel や Spectors など、生き物だけではない、重要な要素がたくさん現れ、複雑に絡み合います。

著者のPhilip Pullman のイマジネーションのすごさが見られるのは、こ こ か ら です。
単なるファンタジーを超えて、生きる意味や、人生を超えた長いスパンでものごとをみることなど、注意してきくといろいろな発見があるでしょう。


The Golden Compass をまだきいていない方はまずそれをきいてから、既に聞いた方は是非 Book 2 The Subtle Knife にもトライしてください。


繰り返しですが、ライラの冒険シリーズが楽しくなるのは、ここからです!!

 


ふと始めた日がきっかけで英語力がグンと伸びる人は意外と多いものです。audibleではオーディオブック1本無料キャンペーンも実施しているので、さっそく始めたい方は↓↓↓の買い方ガイドをご利用くださいね!
≫Audibleの買い方ガイド≪
@Audible オーディオブックの買い方・使い方ガイド
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 1

ピン

早く日本に上陸して、映画館で見たいです。
羅針盤を見てから、ずっと、続編がみたいとずっと思っていましたから。
by ピン (2011-11-26 12:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。