ウェアラブルデバイス元年はこの2014年だ! [山・ヒコーキ・・]

去年あたりから、ちらほらと日本でも話題になっていた
"ウェアラブルデバイス"。
今年は朝日新聞や博報堂などが大きく取り上げ、知名度が一気に高まってきました。
私greengは、英語力をいかし果敢にウェアラブルデバイスに取り組んでいます!
使ってみると便利です、生活が本当に変わります。

ということで、今回はその紹介です!

≫ウェアラブルデバイスとは?≪
ウェアラブルデバイスとはなにかというと、このaudibleのブログを読んで頂いている方にはおわかりかと思いますが、"wearable" (着用する) "device" (装置) です。
「直訳すぎ!」 と言われそうですが、そのままの意味であっています。

どうやって着用するかはさまざまで、google glassのようなめがねタイプ、指輪のようにはめるリングタイプ、クリップなどで着用するタイプ、ベストのように身につけるタイプ、など様々ですが、やはり一番の流行は手首に着用するタイプです。

≫便利すぎ!身につけるだけで勝手に生活を記録≪
やはり進んでいるのはアメリカで、著名なウェアラブルデバイスとしては、fitbit社、Withings社などが有名です。
fitbitは手首に着用するタイプで、基本的には24時間つけっぱなしにしておくことで各種の計測を行います。
Withingsはクリップでベルトやシャツに留めるタイプで、睡眠計測時はソフトなベルトで手首に着用します。

私はどちらも実際使用していますが、自分の毎日が自動的に記録されていく様は本当に新鮮で、自己管理もしやすくなり、「新時代が来た」 ということを実感します。
例えば「運動不足を解消したい」 と思っている人は、多分そのままでは思っているだけで実践できませんが、ウェアラブルデバイスを身につけているだけで、歩数や走行距離などはもちろん、タイプによっては睡眠状態の計測や心拍の計測までできてしまいます。
そうすると、いやでも生活を見直すようになりますので、三日坊主があり得なくなります!

また、健康管理だけでなくウェアラブルコンピューターとしてのスマートウォッチも脚光を浴びています。
特にPebble社の製品は人気が高く、最近発売されたPebble Steelはちょっとこれまでの時計の概念ではとらえられない性能の高さ・デザインの良さを誇ります。
時計で電話から音楽から写真からメールからありとあらゆるアクティビティを行うことができるので、完全に新世界に来たという感じがしますね!


≫日本勢も参入≪
今年はさまざまなメーカーが参入、日本勢も次世代の「稼げる」商品として、SONYはじめ競合が次々と発売する予定です。


気になった方は、このブログの右側にウェアラブルデバイス通販専門店へのリンクを貼っておきましたので、どういったものがあるか見てみてください。
ご紹介したfitbit, withings, pebbleは全て取り扱いされています。

ちなみにiPhoneやアンドロイドでオーディオブックを聞いている方は、その再生もPebbleでコントロールできるはずです。
どなたか実験されたら教えてください!
先駆者をお待ちしています!



ふと始めた日がきっかけで英語力がグンと伸びる人は意外と多いものです。audibleではオーディオブック1本無料キャンペーンも実施しているので、さっそく始めたい方は↓↓↓の買い方ガイドをご利用くださいね!
≫Audibleの買い方ガイド≪
@Audible オーディオブックの買い方・使い方ガイド
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました